BIツールで分析し、CRMツールでアクションを実行し、スマートなデジタルマーケティングを実現しよう


Writer:
山崎雄司
  • facebook
  • Twitter
  • LINE

デジタルマーケティングの普及に伴い、企業が活用できるデータ量は飛躍的に増加している。それと同時に、こうした膨大なデータを上手く活用できていないといった課題を持つ企業も多くなってきている。最近では、こうした背景の下、データ活用をサポートするBIツールが続々と登場している。しかしデータは分析しただけでは価値は生まれない、CRMツールなどと組み合わせて活用し、素早くアクションに結び付けてこそ価値が高くなる。そこで今回は、膨大なデータを分析し、迅速な意思決定をサポートする「BIツール」とそこからアクションに結び付けるCRMやMAツールとの連携方法について考えていく。

BIツールとは


従来のマーケティングに比べ、デジタルマーケティングでは取得できるデータ量が格段に増加している。「BI(Business Intelligence)ツール」は、そういった膨大なデータをリアルタイムで分析し、可視化してくれるものだ。

BIツールの基本機能としては、データの収集・可視化をダッシュボードで実現する「レポーティング(報告機能)」や、データをリアルタイムで多次元的に集計・分析する「OLAP分析(Online Analytical Processing:オンライン分析処理)」、データを統計的に処理しマーケティングに役立てられる「データマイニング(統計処理)」が代表的である。このほか、過去データをもとに予算などを決定する際、「プランニング機能」を用いてシミュレーションし分析することで、経営層の意思決定をサポートするという役割も持っている。



BIツールを活用することで得られるメリットとしては、これまで専門家が行っていた情報の収集や分析といった業務を、専門家でなくても活用することができるようになることがまず一つ。また、異なるデータソースを組み合わせて分析することもできるので、マーケティングの幅を広げることも期待できるだろう。

このように、多くの利点を持つBIツールは、経営層の意思決定サポートにとどまらず、最近では営業分析やマーケティング分析にも活用されるなど、その利用の幅は拡大している。

主なBIツール


さて、ひとくくりにBIツールといっても多くの種類があり、その特徴や使い勝手もさまざま。今回は、代表的なBIツールである「Tableau」と「QlikView」について紹介していこう。

Tableau


2003年に設立され、アメリカに本社を置くTableau Software社が提供する「Tableau」は、世界35,000社以上の導入実績を持つBIツール。メーカーからメディア、金融、医療などさまざまな業種で活用されており、国内外の多くの企業から支持されている。



このBIツールはビジュアル表現に特化しており、多彩なビジュアル表現から意思決定をサポートする。複数のチャートを同時にみることもでき、ビジュアライズされたデータから瞬時にデータを把握することが可能だ。また、デフォルトのデザインも優れており、グラフに特化したBIツールである。

QlikView


1993年スウェーデンに設立され、現在はアメリカに本部を置くソフトウェア会社Qlik社が提供する「QlikView」は、簡単な操作で自由なデータ分析を行える発見型のBIツール。関数ベースでデータを抽出・統合することが可能で、さまざまな切り口のデータから分析を行うことができる。



QlikView独自の特許技術として「連想技術」というものがある。これは、複数のデータソースを取り込んだ際に、その全てのデータに含まれるレコード間の関連付けを自動的に作成・保持する技術だ。可視化したいさまざまなデータをQlikViewが関連データとしてつないでくれるため、分析したいデータの取り出しが容易にできる。俯瞰して状況を把握することができるため、素早い仮説検証が可能。また、QlikView の大きな特徴として「インメモリ」も挙げておきたい。高い圧縮率により、数億件以上のデータを取り込むことができるうえ、製品そのものがインメモリ化されるため、高速処理が可能となっている。

BIツールとCRMやMAとの連携


市場競争の激化により、顧客と適切なタイミングで適切なコミュニケーションを取ることがますます重要となっている昨今。企業が市場競争に勝つためには、顧客が行動した結果によって得られたデータを素早く分析し、適切なアクションを行うことが必要だ。この一連の流れをいかにスピーディーに処理できるか、またその精度が、企業の成長を握っているのである。分析からアクションまでをスピーディーに行うために各ツールの役割を知っている必要がある。

まず、BIツールを用いることで営業の持つ営業支援システム(SFA)や、マーケティング部門、サポート部門の持つ顧客管理システムといった、社内で分散するデータを横断的に分析、可視化することができ、アクションに必要な知見をすばやく得ることができる。次に分析結果を活用したアクションを行わなければならないが、アクションを起こすために顧客の様々なデータが必要になってくる。そこで分析結果とCRMやMAを活用することで、ニーズのある顧客の選定や顧客ニーズ発生のタイミングを取得し、すばやくアクションにつなげることができる。

今やBIツールは経営層にとどまらず、各部門の担当者も取り扱いができるほどに技術的なハードルが下がっており、導入の敷居も低くなってきている。様々なツールが出てきている中で、複数のツールを用いる場合は各ツールの使用目的を把握しておく必要がある。あくまでBIツールはPDCAサイクルのCheckの部分を効率よくさせるだけであり、他の部分は他ツール(CRMやMAなど)で補う必要がある。そのため、きちんと役割分担を明確化して活用することが非常に重要になってくるのだ。

スマートなデジタルマーケティングの実現に向けて


顧客の増加や市場の変化にも激しさが増すこの時代こそ、ツールを上手に活用することで、スピードと情報量に翻弄されることなく時代に合った施策を打っていきたいもの。BIツールは膨大なデータの可視化を行うことで、専門家でなくても分析を可能にしてくれるほか、データの比較などにも大いに役立つため、今のデジタル時代に必要とされるツールといえるだろう。そして、CRMやMAツールなどとの連携は、顧客ニーズ発生のタイミングに合わせて素早くアクションを取るようになる、スマートなデジタルマーケティングに欠かせないものとなってくるだろう。

BIツールとCRM/MAツールのメリットを理解し、それらの役割分担をしっかり考えて導入を進めることで、さらに一歩進んだマーケティングが可能になっていくのではないだろうか。

メルマガ登録
  • facebook
  • Twitter
  • LINE